孫『郁斗くん』の端午の節句

郁斗くんの初節句のお祝いに横浜に行って来ました。

早いもので、七か月になります。

1

人見知りで、爺爺や婆婆の顔を見ると大泣き💦😭💦です。(笑い)

 

3男は徳川家康が好きで、

郁斗くんの兜は家康が装着した大黒頭巾之兜をプレゼント。

2

徳川家康之兜(大黒頭巾之兜)はその名の通り、

日本の七福神の中の「大黒様」の頭巾を

模したものと言われており、

ある日 家康の枕もとに立った大黒天を家康が

自らデザインし、甲冑師に製作させたとも伝わり、

関ヶ原の戦い/大阪の陣など勝利を納めたことから

徳川家康が最もげんを担ぎ、気に入っていた甲冑らしいです。

3

また、前たてのシダは、植物のシダに由来し、

長寿・長命をあらわし、夫婦円満や子孫の

繁栄の象徴とされているようです。

鯉のぼりの云われ

江戸時代、武家では男の子が生まれると、

その家の家紋が入った「のぼり」などを立てていました。

一方で、町人が力をつけてきた江戸中期頃になると、

町人の間では「登竜門」の伝説にちなんで、

「どんな環境にも耐え、立派に成長するように」

と立身出世を願って鯉のぼりを飾るようになったそうです。

鯉の色は、黒い鯉がお父さん、赤い鯉がお母さん、青い鯉が子どもというのが一般的で。

●黒…大黒柱である父親 ●赤…生命を担う母親 ●青…成長していく子供 を表しているそうです。

4

帰る頃には、『郁斗くん』が笑顔で愛嬌を振りまいてくれて  ありがとう。

爺爺や婆婆は『郁斗くん』が強くたくましい男性に

成長してくれる事と立身出世を願うものです。

5

ページトップへ戻る