スタッフブログ

突然のめまい

大脇です。

仕事の帰りに、ケイヨウデーツーに立ち寄り商品の棚を見ていたら突然にめまいが・・・

棚や天井が 🌀ぐるぐる回り立っていることができずに、その場に座り込みおう吐と

冷や汗で動くことができなくなりました。

近くのお客様に声をかけ、店員さんを呼んでもらい 救急車🏥🚑で江南厚生病院へ

搬送されました。

車内では救急救命士の方が、血圧、心電図、体温、目の動き、意識等々の確認をして

状況を適切に病院の医師に伝えていただき処置室で点滴💉で処置をしていただきました。

2012年の6月5日の脳内出血の記憶が過り、またかと思いきや??手足の感覚や動きを

確認してもらい、念のためにCT画像ではその兆候は見当たらないと・・・

ひとまず安心しました。

めまいの原因と胃のムカつきの検査の為に、月曜日は内科と耳鼻咽喉科を受診して

下さい。とのことで江南厚生病院へ

内科で胃カメラの予約。

耳鼻咽喉科で聴力検査と眼球の動き検査

診断結果は良性発作性頭位めまい症でした。

『良性発作性頭位めまい症』とは

突然天井がぐるぐる回って立てない!なんの予兆もなくその症状は突然やってきて

「めまい」は誰にでも起こる可能性がある、とてもメジャーな症状らしいですがビックリ

です。

【突然やってきためまい!私のその症状とは?】

突然目の前の視界が回って気分が悪くなり、まっすぐ立つことができません。

例えるなら、度の合わないメガネをかけた時の、変な見え方と気分の悪さといったところです。

二日酔いでもないし、目が急に悪くなったのか?と不安になり、

メガネをかけ直すとより一層、ぐるぐる周りの景色が回っていることが明確になります。

とり合えず、横になって目をつむると楽になるので30分ほど休んでいる

とやや症状が改善し、歩けるようになるようですが、私の場合は改善の様子は見られなく、

起き上がることは不可能の状態でした。

【このぐるぐる回るめまいの正体は?】

インターネットで調べるとどうやら耳からくるめまいが一番多いとのことです。

内耳性めまいの一つ「良性発作性頭位めまい症」。

良性とつくだけに、脳腫瘍や脳梗塞といった怖い病気ではなく、

内耳という耳の奥にある構造の一部に異常が起こったということです。

良性発作性めまい症は、働き盛りの年代から高齢者まであらゆる年代の人に

突然起こりえる病気です。内耳には、三半規管という平衡器官があり、

バランスを取る器官の一つです。この中には耳石(じせき)という石があり、

この石が本来あるべきところから転げ出たために、平衡機能を失うのです。

【まとめ】

今回は内耳性のめまいの一つであり、めまいの中でも非常にメジャーな「良性発作性頭位めまい症」についてでしたが、めまいは脳からくる危険なタイプもあるので、糖尿病や高血圧といった基礎疾患がある人は、なるべくすぐに病院に受診することが大切らしいです。

【感謝を忘れずに】

ケイヨウデーツーの店員さん、店長さんや通報していただいたお客様

扶桑消防の救急救命士、救急車の隊員の方

江南厚生病院の先生方や看護師

病院に駆け付けてくれた家族一同

 

に心より感謝いたします。

 

ページトップへ戻る